芋焼酎 あけ紫 魔界への誘いを飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190502000020j:plain:w300

芋焼酎 朱紫 魔界への誘いを飲んでみた。

黒麹仕込みである。
香りはあまりしないが普通の芋焼酎の香りである。芋臭さはそれほどない。酔っ払いそうな良い香りだ。
味はかなり甘み寄りで淀みを感じる味である。この淀みは好みによるだろう。
しかし飲んでいるうちに強い辛さと程よい苦味が合わさった美味い味を楽しめるようになった。
飲み口は結構スッキリしている。ゴクゴク飲めてしまうので注意。
辛さはピリピリとしていて良い感じだ。
奥深さは普通より少し上ぐらいである。
キレは普通というかそれほどない。
後味には苦味が残るが程よく甘みも残り美味い。
後味の苦味も酸味と合わさり味わい深い。
まあ香りと甘みが気になる人にはおすすめできない。気にならないなら結構美味い焼酎である。
熱燗にするとアルコールの香りが強くなり甘みと酸味が強くなった。独特な味である。
これはこれでありだと思うが個人的にはあまり好きではなかった。
焼酎サーバーで4日以上寝かせると美味くなった。淀みも解消されている。オススメだ。