芋焼酎 さつま 七夕を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190502000205j:plain:w300

芋焼酎 さつま 七夕を飲んでみた。

香りは芋の趣のある香りとアルコールの香りである。
黒七夕は溝臭かったがこちらはまだマシである。この普通の七夕でも少しニオイがするので気になる人にはおすすめできない。
味は少し淀んだ感じの地味な味だがなかなか辛さと苦味が美味い。
強めの苦味と辛さが全体を引き締めている。
キレは普通より上ぐらいでそれなりにあり良い感じだ。
甘さは控えめだが程よくありコクとなっている。
後味には苦味が残り余韻を楽しめる。
奥深さはざらつきも多少感じられ甕で寝かせたような感じで味わい深い。
なかなか美味い焼酎である。ランクは高い。黒と雲泥の差である。黒は淀みまくりのマニア用なので初心者は飲まないほうが良いだろう。
higajoukun.hateblo.jp
熱燗にするとアルコールの香りが強くなり辛さが強くなり甘みも強くなった。
個人的には常温が好みである。熱燗は甘すぎる。