芋焼酎 さつま黒若潮 荒濾仕上げを飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20180810165953j:plain:w300

芋焼酎 さつま黒若潮 荒濾仕上げを飲んでみた。

香りは濁ったような香りが少しする。あまり良い香りではない。
味はかなり苦味が強く辛さはまあまあで甘さ控えめである。現時点で一番苦いかもしれない。
この苦味は鍛高譚に似ている。少し酸味のある苦味である。
渋くていい感じである。鍛高譚のシソ無しみたいな感じだ。
キレはそんなに良くない。まろやかという感じである。
奥深さはまあ普通より上ぐらいだろうか。
後味には苦味が残り強い辛さが喉の奥辺りに残る。
この焼酎はかなり苦いので好みによると思われる。
別の焼酎とブレンドしてみるのもよ良いと思う。
苦味が強いのでブレンドした焼酎が引き締まる。
色々試してみたが龍王ブレンドするとキレが良くかなり良い感じになった。料理にも合う。
高千穂零ともまあまあ良い感じだ。焦がしたような香ばしい香りが楽しめる。
熱燗にすると甘味によるコクが強くなり少しざらつきもあり美味い。
なかなか旨くなったのでオススメである。