芋焼酎 海童 吉祥雲 30度を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190113210914j:plain:w300

芋焼酎 海童 吉祥雲 30度 限定酒を飲んでみた。

蒸留後薄めていない度数の高い芋焼酎の海童である。
香りはあまりしない。
味は度数が高いがストレートでも飲める程度で甘みによるコクがあり、甘みも苦味もバランス良くある。
隠し蔵35度とかの甘みによるコクには近いが少し違う。それよりコクは弱く芋焼酎によるコクである。芋の趣がある。
そして濁りを感じる。おはらに似ている油分のようなにごりである。
higajoukun.hateblo.jp
あと米麹のせいか米系の香りが少しだけする。若干泡盛のような趣も感じさせる。
30度だがそんなにキツくはない。
度数が高い割に飲みやすいのでぐいぐい飲んでしまいすぐに酔いやすい。
キレは普通ぐらいだが度数が高いため辛さがありキレが良く感じる。奥深さは普通ぐらいである。まあまあ味わい深い。
濁った味わいがありこれは好みによるかもしれない。
まあ値段も安いので普通な焼酎である。
焼酎サーバーで1日寝かせると味が奥深くなり濃くなった。すこしバランスが崩れているがまあまあ美味い。
2日以上寝かせると甘みが増して強いコクになり美味くなった。苦味も強くてバランスも丁度良い。
熱燗にすると濁り感のあるアルコールの香りが強くなった。
辛さと苦味が強くなりなかなか美味い。オススメである。