芋焼酎 さくら白波を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190418171021j:plain:w300

芋焼酎 桜白波を飲んでみた。

黄金千貫で黄麹使用焼酎である。春なので買ってみた。
香りは桜をイメージするような華やかで爽やかな香りである。酔っ払いそうな良い香りでもある。日本酒っぽさも感じるがバランスが良い。
味は強めの苦味と甘味が丁度同じぐらいでバランスがとれており、コクが強く美味い。
第一印象は甘さである。桜の色のような甘さを感じる。
その後味わってみると強い苦味があることに気がつく。味わい深く美味い。
キレは普通ぐらいである。カーっとした辛さがあるのでキレはあるように感じる。白波らしい辛さである。
奥深さは普通より上ぐらいである。意外に奥深く味わい深い。ざらつきも少し感じる。
後味には辛さと苦味と酸味が残る。
やはり黄金千貫は美味い。
なかなかバランスの良い美味い焼酎である。ランクは高い。
つまみが欲しくなる味なので食中酒にも良いだろう。
熱燗にすると日本酒っぽい香りが強くなり味も日本酒みたいになった。
だが癖が強いし甘すぎるので常温がオススメである。
だが一度熱燗にしたものを冷ましたら、常温より癖がなく飲みやすくなった。