芋焼酎 薩摩 宝山 狼煙(のろし)を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190308223937j:plain:w300

芋焼酎 薩摩 宝山 狼煙(のろし)を飲んでみた。

黄金千貫使用焼酎である。
香りは少しだけするがどこかで嗅いだことのある香りであるが思い出せない。かなり独特の香りだ。他にはない香りである。
味は独特の香りと苦味寄りの味で美味い。
キレはそんなになく辛さもそれほど強くなく飲みやすい。
程よい辛さがのどごしになっている。ゴクゴク飲めそうだ(危険)
甘さ控えめで苦くて辛い焼酎である。苦辛が好きならオススメだ。
奥深さは普通ぐらいである。そんなにはない。
香りなのだが燻蒸仕上なのでスモーキーな香りはする。アルコールの香りと混ざり独特の香りになっている。
なかなか美味いのでランクは高い。苦辛スモーキーである。
普通の焼酎に飽きたらこれにたどり着くかもしれない。
熱燗にすると香りが強くなったのだが何の香りか思い出した。病院の香りである。アルコールの香りも混ざっているためだろう。熱燗ではない時は苦味と合わさり気がつきにくかったし飲みやすい。
味は甘みが強くなり辛さが強くなった。仄かにフルーティー感も感じられる。
個人的には香りのバランスのとれた常温が好みである。
まあ香りで好みがあると思われる。
パッケージデザインは幽玄で渋くて高級感があり良い感じだ。