芋焼酎 一刻者 樽貯蔵を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190413174336j:plain:w300

芋焼酎 一刻者(いっこもん) 樽貯蔵を飲んでみた。

芋の貯蔵系焼酎である。樽のおかげで焼酎は黄色になっている。
香りは酔っ払いそうなアルコールの香りである。長期貯蔵系の麦焼酎の香りはしない。ビールっぽい酸味のある香りである。
味は甘味によるコクが強く、苦味も強く辛さも強い。要するにウイスキーに近い味である。目隠ししたら間違うかもしれない。
樽のスモーキーな香りも漂う。
まろやかで少しとろみがある。
奥深さは普通より少し上ぐらいだ。
結構苦くて辛いので全体が引き締まっていて美味い。甘ったるさもあまり感じない。
だが少し癖がある感じもある。
ロックで飲むと普通のフルーティー系の焼酎の味になった。一応樽の香りも少しだけする。
だがバランス的にはまだまだである。
熱燗にすると酸っぱい香りが出てきた。あまり良い香りではない。恐らく樽の香りが変になったのだろう。
味は辛さが強く苦味も強くまあまあ美味い。常温で飲むより美味いと思う。香りもそんなに気にならない。だが酸味が強すぎるかもしれない。
まあランク的には微妙なところである。甘みによるコクはかなり良い感じだ。