日本盛 生原酒を飲み比べてみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190603171942j:plain

まずは一番安い本醸造から。

精米歩合70%。
香りは日本酒の普通の香りだ。フルーティーである。だが無機質なクセのある香りがする。
味はフルーティーで苦味が程よく強くありまあまあ美味い。
だが少し雑な感じがありクセがある。
後味には辛さと苦味が残り余韻を楽しめる。
熱燗にするとなかなか良い香りになった。無機質な感じは香ばしい香りになっている。
味は甘みによるコクが強くなり甘辛な日本酒になった。
こちらのほうがオススメである。
なんしか甘い。

お次は純米吟醸

精米歩合55%。
香りはかなり上質な香りがしている。本醸造で感じる無機質なクセのある香りがしないのだ。
味はかなり甘みによるコクが強くフルーテイーで美味い。
明るい印象で華やかである。
苦味はあるが苦味より甘みのほうが強く感じる。基本甘口である。
よくある高級な日本酒の味である。まあまあ美味い。
だがまだまだである。まだ少し雑味を感じる。
熱燗にすると全体の香りとアルコールの香りが強くなった。
味は落ち着いた感じだ。甘みによるコクはあるが爽やかな味わいである。
本醸造より苦味があり飲みやすくバランスが良い。
要は渋めである。大人な味だ。

最後は大吟醸

精米歩合50%。
香りは良質な香りである。
味は苦味寄りで苦味が強く辛さも強い。
故に重厚感があり威厳を感じる味である。
それでいてフルーティーであり程よく甘みによるコクもある。
甘みに奥深さがあり味わい深い。
高級な日本酒の味である。シリーズの中では一番美味い。
熱燗にすると香りが強くなりどちらかというと苦味よりである。甘みも一応健在である。
奥深さがあり味わい深い。余韻を感じさせる。
良質な味であるが少しクセを感じる。
やはり精米で大分味が違うようである。
雑味というかクセというかそういうのが気になる人は削りまくった米が一番美味しいのだ。
これで満足できないとかこれ以上の味が欲しい人は別の高級な日本酒を買わないといけない。

higajoukun.hateblo.jp

日本盛 生原酒 本醸造 ボトル缶 [ 日本酒 兵庫県 200mlx30本 ]

日本盛 生原酒 大吟醸 ボトル缶 [ 日本酒 兵庫県 200mlx30本 ]