higajou cafe

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。



スポンサーリンク

芋焼酎 全量芋 魔界への誘いを飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181214175613j:plain:w300

芋焼酎 全量芋 魔界への誘いを飲んでみた。

香りは少しだけフルーティーで爽やかな香りがする。
味は甘みよりで味わい深く、のどごしの良い強めの辛さがやってきて美味い。
非常に飲みやすくスルっと入ってくる。
キレは普通ぐらいである。
甘いだけではなく苦味も程よくある。
ボトルデザインの通りの爽やかな味である。
奥深さは黒麹なのでそれなりにあるがそれほど深いわけでもない。
後味には苦味と甘みが残る。
熱燗にするとフルーティーな香りが強くなった。
まろやかになり辛さが強くなった。甘みが旨くこれもありである。

スターバックス 抹茶ラテを飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20190117131308j:plain

スターバックス 抹茶ラテを飲んでみた。

味は甘くて抹茶の香りが強くかなり美味い。
濃厚でとろみがあり味わい深い。
どうやらただの抹茶ラテではなかったようだ。
とにかく宇治抹茶感が強くて美味い。
オススメである。

泡盛 古酒 久米仙 ブラック 35度 プレミアムを飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181214175632j:plain:w300

泡盛 古酒 久米仙 BLACK 35度 PREMIUMを飲んでみた。

香りは泡盛特有、久米仙特有のあの香りが仄かにしていて甘そうな古酒の香りがしている。
味は泡盛の香りが上品になったような香りで、35度と甘みによるコクが強くかなり美味い。
泡盛特有の臭みは一応少しするので気になる人には気になってしまうかもしれない。久米仙の香りである。
結構ざらつきがあり苦味と合わさり味わい深い。
キレはまろやかなので普通ぐらいである。度数が高いため、ストレートで飲むとキレが良く感じる。
後味には苦味と辛さが残る。
まあランクの高い久米仙の香りと味である。度数が高くて甘みによるコクが強いのが高評価だ。
2千円もしないのでコスパも良いだろう。箱付きなので贈り物としても丁度よい。
熱燗にすると香りの臭みが薄まり良い香りが強くなった。まあ例えるとゴムっぽい香りであるが悪くはない。
辛さが強くなりピリピリする。冷めてくると香りのバランスが不安定であまりおすすめしない。
ちなみにボトルの口の造りが悪いので垂れる。
個人的には博多の華 原酒の方が美味い。コクと香りがこちらのほうが強く美味い。
博多の華原酒とブレンドするとなかなか美味い。千年の響より美味いかもしれない。
ちなみにこのシリーズには43度もあるらしい。そちらならもっと美味いかもしれない。

ネットでの購入はこちら↓

久米仙酒造 久米仙 ブラック 古酒 35度 720ml

芋焼酎 薩摩 宝山 玉茜を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181213184051j:plain:w300

芋焼酎 薩摩 宝山 玉茜を飲んでみた。

コンビニのファミリーマート限定商品。オレンジ芋「タマアカネ」使用焼酎である。
香りはフルーティーでオレンジっぽい香りであり、酔っ払いそうなアルコールの香りもしていて良い感じだ。
味は苦味よりでかなりフルーティーでするっと入ってきて飲みやすく美味い。
同じオレンジ芋の茜霧島に近い味である。強めの苦味とフルーティーさが合わさった味である。
奥深さは結構ある感じで味わい深い。
キレは普通ぐらいである。程よい辛さが刺激的である。
後味には苦味と辛さが残る。
なかなかランクの高い良質な焼酎である。コンビニ限定なのが謎である。
宝山シリーズでは一番美味いと感じた。ただしフルーティーなのでこれは好みによるだろう。
熱燗にするとフルーティーな香りが強くなり辛さも強くなりまろやかすぎてキレが悪く飲みにくい。
ちなみにボトルの口の造りが悪いので垂れる。栓はいつもの平べったい栓である。肩ラベルはない。

芋焼酎 宝山 別選 紫を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181210230507j:plain:w300

芋焼酎 薩摩 宝山 別撰 紫 特別限定酒を飲んでみた。

恐らくコンビニ限定品である。赤霧島と同じムラサキマサリを使用した焼酎。
香りは奥深そうな香りと仄かにフルーティーな香りがする。
味は強めの辛さがまずやってきて美味い。
苦味よりの味で甘さ控えめだ。
キレは普通ぐらいか比較的少し上である。
奥深さはそれなりにあり味わい深い。
後味には苦味が残り味わい深く余韻を感じさせる。
フルーティーな香りは控えめだが一応感じられる。
それより渋い奥深い味がするのが特徴だ。
ただ少し特有の臭みを感じる。芋焼酎を開栓して長期間置いた時にでるあの香りだ。しかし飲んでいるうちに気にならなくなった。
なかなか美味いので苦くて辛くて渋い焼酎が好きなら、コンビニで見つけたら買ってみると良いだろう。
通常の紫宝山と味がどう違うのかは今の所不明である。宝山 別撰 赤もあるそうだ。
熱燗にするとフルーティーな香りが強くなった。
飲んでみると辛さが強く苦く臭みも健在である。
コスパは微妙である。500ml千円ぐらいなので少し高い気もする。
でもまあ苦くて辛くて奥深い焼酎が好きならオススメだ。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。