Nobsound DOUK AUDIOのUSBアイソレーターを買ってみた【音質レビュー】

スポンサーリンク

Nobsound DOUK AUDIOのUSBアイソレーターを買ってみた。

今回USBアイソレーターという音声データ信号のノイズを除去する装置を買ってみた。
これをDACに接続してやると高音質になるというものだ。
まずハムノイズとかホワイトノイズは今回は検証しない。
接続して音質だけを評価することにする。

アイソレーターありの場合音が立体的になった。
音場も広くなった気がする。残響音かもしれない。ライブ感が強くなった。
あと低音がでかくなった。ただ少しボワつく時がある。
ボーカルが特に聴きやすくなった。
だが解像度が少し落ちている気がする。高音域が削られたせいかもしれない。
退屈な音質だったのが楽しい感じにはなった。

ただ音痩せしている。滑らかさがなくサラサラしている。(機内モードにして不要なソフトとエクスプローラーを終了させることである程度滑らかにはなる)あと高音域が削られているのは致命的だ。高音が刺さらないというメリットはあるが…。
やはり電気的なビリビリした音質が好みの人には合わないだろう。
これらはアイソレーターを挿すUSBポートの場所によっても変わってくるようだ。

また余談だがセルフパワーのUSBハブにUSBDACを接続すると量感が出る。
ハブによっては解像度も上がる。
音痩せする場合セルフパワーのハブを使う手もありだ。

結果的にこのアイソレーターで音が立体的になり音場が広くなり聴きやすくなった。
確実に音質は変わるが電気的なビリビリサウンドが好きな人や高音好きにはお勧めできない。
音痩せが気にならない人には問題はないだろう。
コスパは微妙なところだ。

追記
EQとエージングで音痩せは良くなってきた。
まあまあいい感じだ。

Nobsound USBアイソレーター


追記
Amazonで売られている激安USBアイソレーターも買ってみた。
音質だけレビューしてみる。
まずノイズが減って聴きやすくなった。
ノイズが音にまとわりついていたのがなくなった感じだ。
同じように高音域は少し削られている。
解像度は少し落ちている気がする。だが聴きやすいのでむしろ上がった感じがする。
音場は広がったというか空気感が出ている。
デメリットはNobsoundのUSBアイソレーターよりザラザラしている音質だということだ。
(音源によってはあまりザラつかない)
Nobsoundの方が滑らかだ。
ただ迫力や量感があるのはこの激安USBアイソレーターだ。
ためしに両方挿してみたが結果はそのまんまだ。
両方の特徴が加わった音質だ。
ノイズが無くなったので解像度が上がったような気がする。
エージングされたらいい感じの音質になった。
なかなか侮れない。