higajou cafe

coffee , philosophy , spiritual , energy drink , design etc

意識なしでクオリアは生じるかという問題の適当な考察

今回は哲学未解決問題の記事にあるこの問題について考えてみよう。

「意識なしでクオリアは生じるか」

意識がないとクオリアを知ることはできない。
意識がないなら感じることができないので知ることはできないのだ。
だが意識なしで現実世界ではクオリアが生じている可能性はある。
ここでちょっとクオリア自体が意識の一部だと考えてみるとどうだろうか。
要はクオリアが液晶画面の画素(1ピクセル)だと考えるとわかりやすい。
様々なクオリアが集まって意識や精神が構成されているということだ。
クオリアは意識という精神を構成し、意識はクオリアが元になっているのでクオリアを感じることができる。
これについては後で詳しく話すとして、
話は変わるが共感覚(シナスタジア)というのがある。見たものを匂いとして感じたり音として感じたりする感覚のことである。
視覚が聴覚になったりその逆もあり得る。色のクオリアから匂いのクオリアが生じたりするのだ。
様々な感覚のクオリアが集まってできているのが意識や精神であるということである。
これはただの仮説というか思いつきなので間違っている可能性もある。
精神はなんらかの集合体なのは確かだ。
様々な脳の部位が集まって構成されている。
スピリチュアルの精神世界でいうアストラル体やメンタル体の集まりでもある。
背後霊や守護霊が集まって精神が構成されている。
意識がなくてもクオリアは存在しているはずである。
そうでなければクオリアは意識が生み出していることになる。
意識にクオリアを生み出す仕組みや構造があるということだ。
この世界は様々な物質や精神の集まりで構成されているのでクオリアだけが存在することも意識の一部が必要かもしれないが構造次第ではあり得るわけである。
ちょっと簡単にまとめると、

  1. クオリアが最小単位でその集合により意識が生じている可能性。
  2. 意識が元々存在しており意識の構造によりクオリアが生じている可能性。
  3. 精神は様々なものの集まりにより構成されている。

この1か2のどちらが正解なのかが問題である。
1に関しては本当に思いつきなので確証はない。
我々は何かを感じる事で意識というか自我が生じていると考えられる。
それはクオリアを感じる事で意識が生じるという事であり意識はクオリアによって生じてるということでもある。
暗い色を見ると意識が暗くなったり明るいものを見ると意識が明るくなるという風に意識がクオリアに支配されている状態である。
だがよくよく考えてみると意識はクオリアとは別に存在するとも考えられる。そこが難しいところである。
私の思い付きというのはクオリアがなければ感じる事がないので意識も生じないという事である。
しかしよく考えてみてほしい。さっき共感覚の話をしたと思う。
我々は意識的にクオリアの印象を変えることが可能である(可能な人もいる)。
つまり暗い色を明るい色と感じたり逆もあり得るのだ。
このことから考えると意識はクオリアに支配されておらず意識とクオリアは分離している。
意識次第では無になることも可能だ。
だがよく考えてみてほしい。
共感覚じゃない人もいるわけである。
その人はクオリアに支配されている。赤なら赤でしかないのだ。ほかの色には見えない。
つまりクオリア次第で意識がどうなるか決まる状態である。
共感覚の人もいるので、意識が生み出すクオリアと現実世界に存在するクオリアの二種類あると考えられる。
2に関しては意識の最小単位は何なのかという問題がある。
もしかしたら1と2両方間違っているかもしれない。
クオリアクオリアで存在しており、意識は意識として存在する。
つまりクオリアで意識は生じていない。
意識によってクオリアも生じていない。
結局不明なので結論は出せない。
もっとよく考えてみる必要がある。
夢では意識というか潜在意識がクオリアを生み出している。
クオリアの記憶を引き出しているのだ。
クオリアは記憶して再生することが可能だということだ。
ではもともと記憶する前にあったクオリアはどこから生じているのか。
ある光の波長か波動を脳が感じて脳がクオリアを生じさせているのだろうか。
それとも脳の外の世界に存在するのだろうか。
現状では脳内というのが妥当な気がする。
クオリアは意識が生み出していることになる。
だが肝心のクオリアとはなんなのかがわからない。
どういう構造でどういう場所に存在するのか。
意識なしでクオリアは生じるのか。
クオリアや意識が感覚的世界に存在するのはわかる。
それがどういう構造の世界なのかはわからないが意識もクオリアもとある世界や空間に存在するわけでそこで生じている。
意識と分離してクオリアが存在することができるのなら意識なしで生じるだろう。
意識の一部であるとか意識と融合されているのなら意識なしでは生じないだろう。
だが意識と分離させてクオリアを生じさせるテクノロジーもありそうな気もする。
簡単にまとめると、
意識はクオリアを記憶して想起することができる。
意識はクオリアを生じさせている可能性がある。
元々のクオリアはどこかの世界や空間に存在するが内部構造は不明である。
精神は様々なものの集まりにより構成されている。
意識もクオリアの一種である。
クオリアが最小単位でその集合により意識が生じている可能性。
意識のクオリアとその他の感覚的クオリアとに分かれている可能性。
何もしていない何も感じていない時も何も感じないというクオリアを感じているのでクオリアに支配されている可能性。つまりクオリアの集合で意識が生じている。
これに関しては確証がないので信じるのは危険である。
結局意識なしでクオリアは生じるのか。
意識と分離して存在するのなら生じるだろう。

スポンサーリンク
[注意]未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は適量を。妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。当サイトのレビューはあくまで個人の感想です。またスピリチュアル関係の記事には精神的危険性があるため注意してお読みください。[免責事項]当サイトのご利用により、ご利用者に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当サイトブログ管理人は一切責任を負いません。 [プライバシーポリシー] 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。[連絡先]higajoukun@yahoo.co.jp