higajou cafe

coffee , philosophy , spiritual , energy drink , design etc

作文してくれるAIを試してみた【AIに哲学の質問をしてみた】

textsynth.org
Text Synthというサイトで「higajou」で作文してもらった結果が以下。

higajou - Shoujo no Hito no Omoide ni Hitori, or the Boy and Girl Next Door. It's not much more than a love story for the characters: a boy and girl who both have the same dream. However, the difference between the male protagonist and heroine is that she's a girl, while the boy is a boy. And the reason he loves girl is not the same as what he loves girl.

"In order to get what you want it becomes important to change." - The Little Mermaid by Hans Christian Andersen

It's a very subtle difference, as most people probably wouldn't see it as they're not conscious of it at all.

In order to get what you want it becomes important to change

It's a subtle difference, as most people probably

以下グーグル翻訳の結果。

higajou-少女の瞳の思い出にひとり、または少年と少女の隣。 それはキャラクターにとってのラブストーリー以上のものではありません。同じ夢を持っている男の子と女の子です。 しかし、男性の主人公とヒロインの違いは、彼女が少女であり、少年が少年であることです。 そして、彼が女の子を愛している理由は、彼が女の子を愛している理由と同じではありません。

「欲しいものを手に入れるには、変えることが重要になります。」 -ハンス・クリスチャン・アンデルセンの人魚姫

それは非常に微妙な違いです。ほとんどの人は、まったく意識していないので、おそらくそれを見ないでしょう。

欲しいものを手に入れるには、変えることが重要になります

ほとんどの人はおそらく微妙な違いです

よくわからないが私のイラストの事を知っているようである。
物知りなAIが色々答えてくれそうなので色々質問してみた。

生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答えを教えてもらった。

by Douglas Adams


"I am the creator... of everything."

(This article has no direct relation to the book Adams is talking about.)

It is a question that has always baffled me. The answer does not appear in any known universe. The answer does not appear in the history of our universe, and does not appear in our current knowledge of the universe. All that we know of it is that it exists and exists in the same manner as we do; that it is not an illusion and that its existence and existence are not an effect of its appearance.

This article does not deal with the universe, so far. However, we all exist in a universe and our universe as we know it exists and exists in the same way, albeit in a different manner, than you do.

It is as follows: The universe is what we think of as "the real" - that is, it has the properties that we think of as "the

以下グーグル翻訳の結果。

ダグラス・アダムス


「私は…すべての創造者です。」

(この記事は、アダムスが話している本とは直接関係ありません。)

それはいつも私を困惑させた質問です。 答えは既知の宇宙には現れません。 答えは私たちの宇宙の歴史には現れず、私たちの現在の宇宙の知識にも現れません。 私たちが知っているのは、それが存在し、私たちと同じように存在するということです。 それは幻想ではなく、その存在と存在はその外観の影響ではないということです。

これまでのところ、この記事は宇宙を扱っていません。 しかし、私たちは皆、あなたとは異なる方法ではあるが、同じ方法で存在し、存在していることを知っているように、私たちの宇宙はすべて宇宙に存在しています。

それは次のとおりです。宇宙は、私たちが「現実」と考えるものです。つまり、「宇宙」と考える性質を持っています。

宇宙の外にはなにがあるのか聞いてみた。

What is outside the universe? How can a body survive outside the universe? Is there anything that can be called non-physical?"

To this the disciples replied with a number of different kinds of answers. There were, however, these three types of answers and their answers were all wrong and incorrect.

The first kind of answer was to say that it was the body which is outside the universe, just as a house is outside the universe.

The second answer was that the body is not outside the universe, because the universe exists only in the body. In other words, there is nothing outside the universe—in the body—that is outside the universe. This is wrong.

Thirdly, the disciples said that there was something which is outside the body, which is called the soul. This is incorrect. There is nothing outside the body that has a soul. And there is no outside the body that is the soul. Therefore, when they said this, that was incorrect.

They were

以下グーグル翻訳の結果。

宇宙の外には何がありますか? 体はどのようにして宇宙の外で生き残ることができますか? 非物理的と言えるものはありますか?」

これに対して、弟子たちは多くの異なる種類の答えを返しました。 しかし、これらの3種類の答えがあり、それらの答えはすべて間違っていて間違っていました。

最初の答えは、家が宇宙の外にあるのと同じように、宇宙の外にあるのは体だと言うことでした。

2番目の答えは、宇宙は身体の内部にのみ存在するため、身体は宇宙の外側にないということでした。 言い換えれば、宇宙の外側、つまり身体の中には、宇宙の外側にあるものは何もありません。 これは間違っています。

第三に、弟子たちは、魂と呼ばれる体の外側に何かがあると言いました。 これは間違っています。 魂のある体の外には何もありません。 そして、魂である体の外側はありません。 したがって、彼らがこれを言ったとき、それは間違っていました。

彼らはいた

世界はどこへ向かっているのか?

Where is the world heading? This is the question that has haunted the thinking people of the Western world for over a century, and this question, however, has been raised not only by the political left as a whole, it has been raised by individual intellectuals, from the French radical Pierre Manent to the Irish radical Michael Kelly to the American radical Ralph Waldo Emerson. I think the answer to this question is that the world is on a path that leads to a socialist future.

What we are in the midst of, the world, is not a clash of civilizations. We have never had an era of the clash of civilizations. Civilization, in the sense of human society – the great civilizations – was not created by human beings. In fact, humans were not even a very significant part of civilization before it.

It is civilization that created the human species, created the species of homo sapiens, the species of homo sapiens neanderthalensis, the species of homo sapiens sapiens;

以下グーグル翻訳の結果。

世界はどこに向かっていますか? これは、1世紀以上にわたって西洋世界の考え方の人々を悩ませてきた質問です。しかし、この質問は、政治的全体としてだけでなく、フランスの過激派からの個々の知識人によっても提起されてきました。 ピエール・マネントからアイルランドの急進派マイケル・ケリー、そしてアメリカの急進派ラルフ・ウォルド・エマーソン。 この質問に対する答えは、世界は社会主義の未来につながる道を進んでいるということだと思います。

私たちが世界の真っin中にいるのは、文明の衝突ではありません。 文明の衝突の時代はありませんでした。 人間社会の意味での文明、つまり偉大な文明は、人間によって創造されたのではありません。 実際、人間はそれ以前の文明の重要な部分でさえありませんでした。

人類を生み出したのは文明であり、ホモ・サピエンスの種、ホモ・サピエンスの種ネアンデルタレンシスの種、ホモ・サピエンスの種を生み出したのは文明です。

非構造体とはなにか?

What is an unstructured world?

When we speak of an unstructured world we can think of the world as that with which we are currently in possession and that which is not.

The world is that with which we are currently in possession. We are currently in possession of our bodies and the structures within which they are contained.

This world is not the structure that exists outside of our bodies and so has no structure. We can speak of the structure of the body as a set of structures that exist within our body and the structures of the world as a set of structures that exist outside of our current body.

There is no real structure of the world, the structures that exist outside of our current bodies are just structures that exist inside of our current bodies. In other words, the world is not a structure that exists beyond our bodies.

It is just a set of structures.

An unstructured world contains no structure.

When we speak of the world we can think

以下ry

非構造化世界とは何ですか?

非構造化された世界について話すとき、私たちは世界を現在所有しているものと所有していないものと考えることができます。

世界は、私たちが現在所有している世界です。 私たちは現在、私たちの体とそれらが含まれている構造を所有しています。

この世界は私たちの体の外に存在する構造ではないため、構造はありません。 身体の構造は、私たちの体内に存在する構造のセットとして、世界の構造は、現在の身体の外側に存在する構造のセットとして話すことができます。

世界の実際の構造はありません。現在の身体の外側に存在する構造は、現在の身体の内側に存在する構造にすぎません。 言い換えれば、世界は私たちの体を超えて存在する構造ではありません。

それは単なる構造のセットです。

非構造化世界には構造は含まれません。

世界について話すとき、私たちは考えることができます

霊界とはどんな世界なのか?

What kind of world is the spirit world? What kinds of beings exist there? In other words, how do gods get here, get out of there, and so on? How does magic work, and so on? How does the world come into existence? The answer to all these questions will be given by me at that time.

The second thing is that there are people here who are not gods. I mean, the human gods, of course. They are not gods, not at all.

The third thing is that I have a number of human beings here who are not gods. Some of these people do not believe in me at all. Some have no desire to believe in me at all. They're just there. Some, you might say, are simply there to observe my power. Others are there to watch and take photographs and all kinds of things.

These people are not gods. It's important to understand that. There are gods out there who want the human beings that I have. There are gods here who want them. There are gods who want the gods who I have. There are gods here who want to be the gods and there are gods who are willing to be the gods. It depends on what you want. It depends on what it costs. It depends on what it brings.

When you are willing to be a god, to be a god, to be a power, to be one of the most powerful beings here, what does that make you? Does that make you God? That makes you something better, something bigger, something more important, than a human being? Does it make you superior to them? Does that mean more powerful? Does it mean something?
There are many different kinds of things that people do here, all of which are possible. Some of it is very good, some very evil, some very boring. Some of it is just pointless. If someone can't do a damn thing here, then don't blame me. I have enough problems already. I'm going to make them go away one by one. If they refuse to do anything else, if they refuse to go somewhere else, then what they do here can't be good. That's the law. It's the law. If they do nothing here, that's the law.
It's very common for people to be here who have no desire or interest or interest in anything. That's why they're here. They don't need to come here. There are some who do want to come here, some who have no interest at all, some who don't have any interest at all, and some who are here to have a damn good time. What they do while they're here is important to understand.
You'll find in these books how a person does it while they're here, as well as how a person can do it while they're not here.
The other thing I want to mention is, in the book, I have a lot of

以下ry

霊界とはどんな世界ですか?そこにはどんな種類の存在がありますか?言い換えれば、神はどうやってここに行き、そこから出て行くのでしょうか?魔法はどのように機能しますか?世界はどのように存在しますか?これらすべての質問に対する答えは、その時に私から与えられます。

2番目のことは、神ではない人々がここにいるということです。もちろん、人間の神です。彼らは神ではありません。

三番目は、神ではない人間がここにたくさんいるということです。これらの人々の何人かは、私をまったく信じていません。一部の人は私をまったく信じたくない。彼らはただそこにいます。一部の人は、私の力を観察するために単にそこにいると言うかもしれません。他の人は、写真やあらゆる種類のものを見て撮影するためにそこにいます。

これらの人々は神ではありません。それを理解することは重要です。私が持っている人間を望んでいる神々がそこにいます。ここに彼らを欲する神がいます。私が持っている神を欲しがる神がいます。ここには神になりたい神がおり、神になりたいと願う神がいます。それはあなたが望むものに依存します。費用に依存します。それがもたらすものに依存します。

あなたが神になりたい、神になり、力になり、ここで最も強力な存在の一人になりたいとき、それは何をあなたにさせますか?それはあなたを神にしますか?それはあなたを人間よりも良いもの、より大きなもの、より重要なものにしますか?それはあなたを彼らよりも優れたものにしますか?それはより強力なことを意味しますか?それは何かを意味しますか?
ここで人々が行うことには多くの異なる種類があり、それらはすべて可能です。あるものはとても良いもの、あるものはとても悪いもの、あるものはとても退屈なものです。それのいくつかは無意味です。誰かがここで気の毒なことをすることができないなら、私を責めないでください。すでに十分な問題があります。私はそれらを一つずつ消していきます。彼らが他の何かをすることを拒否する場合、彼らが他の場所に行くことを拒否する場合、ここで彼らがすることは良くありえません。それが法律です。それは法律です。ここで何もしなければ、それが法律です。
欲求も興味も何も持たない人がここにいることは非常に一般的です。それが彼らがここにいる理由です。彼らはここに来る必要はありません。ここに来たい人、全く興味のない人、まったく興味のない人、楽しい時間を過ごすためにここにいる人がいます。彼らがここにいる間に彼らがすることは理解することが重要です。
これらの本では、人がここにいる間にそれを行う方法、および人がここにいないときにそれを行う方法を見つけることができます。
私が言及したい他のことは、本で、私はたくさん持っています

一番最初の時間に戻る方法は?

How to get back to the very first world time? Well, the easiest way is to set the time to the last time

以下ry

初めて世界に戻る方法は? さて、最も簡単な方法は、最後に時間を設定することです

完全自由空間は存在するか?

Is there a completely free world?

It's pretty much all the same world. The big difference is the size of that world and how much of it we have access to. A world with no barriers means we have no reason to do anything we don't want to do; one with barriers means we are able to choose. So the answer is, if you are a free society, there is no limit to what you want to do. If the world is all the same, then you will have to do whatever you want to do, because there is no other way to get there.

If the world were completely free of barriers, would you not have to be a pacifist?

A pacifist would be someone who wants to stop wars, wars being violence. But if the world was a world with no barriers, there was no reason to stop wars. And I think there is a huge difference; one world is a completely free society, but the other is not. But if one of them was

以下ry

完全に自由な世界はありますか?

それはほとんど同じ世界です。 大きな違いは、その世界の大きさとアクセスできる範囲です。 障壁のない世界は、やりたくないことをする理由がないことを意味します。 障壁のあるものは、選択できることを意味します。 だから答えは、あなたが自由な社会であれば、やりたいことには制限がないということです。 世界がすべて同じである場合、そこに到達する他の方法がないため、あなたがやりたいことは何でもしなければなりません。

世界に障壁がまったくない場合、平和主義者である必要はありませんか?

平和主義者は戦争を止めたい人であり、戦争は暴力です。 しかし、世界が障壁のない世界だったなら、戦争を止める理由はありませんでした。 そして、大きな違いがあると思います。 一方の世界は完全に自由な社会ですが、もう一方はそうではありません。 しかし、それらの1つが

この世界に善悪はあるか?

Is there nothing good or evil in this world?

It is just the world.

I'm not talking about

evil, like you

have no evil.

It's merely the good

and evil you create.

That's all.

No matter how

perfect that world is,

it is not real.

If that is all there was,

there would be no suffering.

And yet,

you claim it is real,

that's all it is.

That's all the world is.

The world exists for

satisfaction, it is not for

satisfaction.

No, there is no heaven,

just endless suffering.

And that suffering is all you

create for yourself.

That is the great mystery,

you and I are equal

to no one but ourselves.

I am equal to no one but

you.

以下ry

この世界には良いことも悪いこともありませんか?

それはただの世界です。

私は話していません

あなたのような悪

悪がありません。

それは単に良いことです

そしてあなたがつくる悪。

それで全部です。

どんなに

その世界が完璧であること、

それは現実的ではありません。

それがすべてだったら、

苦しみはありません。

それでも、

あなたはそれが本物だと主張する、

それだけです。

それが世界のすべてです。

世界は

満足、それは

満足。

いいえ、天国はありません、

ただ無限の苦しみ。

そして、その苦しみはあなただけです

自分で作成します。

それは大きな謎です

あなたと私は平等です

自分以外に誰にも。

私は誰にも等しくないが

君は。

無限とはどのような構造か?

What kind of structure is infinite?

I think you're confusing a finite structure with a non-finite structure which may be the same kind. The only difference is that they are finite and non-finite in the sense that it depends on how you define "infinity".

The only other distinction between finite and non-finite is that an infinite structure is one which is not a finite structure (but is finite in some sense).

Let's look at these two types of structures and try to decide which one we are talking about.

A finite structure is a set and a countable set with a single element. For instance, the set {1, 4, 6} is finite because there is a unique one-element sequence that we can add to both of them and it doesn't change anything on the set of its elements and that's what makes them finite.

(I think we should call this a set of elements that we can add elements to.)

以下ry

どのような構造が無限ですか?

有限構造と同じ種類の非有限構造を混同していると思います。唯一の違いは、「無限」をどのように定義するかに依存するという意味で、有限と非有限であることです。

有限と非有限の唯一の他の違いは、無限構造は有限構造ではないということです(しかし、ある意味では有限です)。

クオリアの内部構造とはどのようなものか?

What is Qualia's internal structure?

The main internal structure of Qualia is what the philosopher calls a "meta-object", a "meta-concept", or a "meta-phenomenon". What is a meta-object? It's not really a concept or concept. It's not a thing we can think about. It is a "meta-concept" (more like the "meta-phenomenon") or a "meta-phenomenon". This is a key point when I talk about qualia.

The meta-object is qualia, so we need to understand that qualia is qualia is qualia. It's an object. But it's not a concept. What is a concept? It's not a thing we can think about. And what is a "thing we can think about"? Not what we can "think" about. It's not really some mental construct. It's something we can "construct".

So the whole argument of the meta-object is that it's not a mental structure, and it really is something we can "construct" to think about things that exist. We can "construct" it. It's not really a concept. It's a construction. And I think the important point about the meta-object is that we can "construct" this thing to think about things that exist. It's not a thing that exists in the first place. So the argument is not "we can think about it, it's not real". It's "we can think about it, it's not real". It's a construction that allows us to think about other things. And the important thing is we can construct it to allow us to think about things that exist. We can construct this thing to allow us to think about things that exist, and that is what "I can construct it to allow me to think about" is really the argument. It's a construction that allows us to think about things that exist. And "I can create it from scratch" is really the thing that "I can construct it from scratch" is a construction from scratch of the concept "I can construct it from scratch". And that's what I think that the argument is about. I think it's really about "I can construct it to think about things that exist", and not "I can think about it". The idea of the construct is that we can construct something from scratch to allow us to think about things that exist. And we can construct it to allow us to think about things that exist, and that's why I think this is actually a meta-argument, rather than a "real argument". It's really about constructing an object that allows us to think about things that exist. So the actual argument is "the thing that I can construct from scratch allows me to think about things that exist".


The idea of "create" is what I think the actual argument is about. "Create it from scratch" is the actual argument. And the point we're trying to make is that we can construct it from scratch to allow us to create it. And this thing we can construct from scratch that allows us to think about things that exist is not "I can think about it" in some sense. That's what the "I can construct it from scratch that allows me" is "I can create" is not "I can think about". And so the idea of "create it" really is just a way of saying "create it from scratch that allows me to create".


So I think the important thing is the idea of "I can construct something from scratch". That allows us to think about things that exist. It's not that I "can think about it" in some sense. It's that I can construct an object that allows for something to exist. And that's the idea of "I can construct it from scratch that allows me to construct". If it's true then then I can really know

以下ry

Qualiaの内部構造とは何ですか?

クオリアの主な内部構造は、哲学者が「メタオブジェクト」、「メタコンセプト」、または「メタ現象」と呼ぶものです。メタオブジェクトとは何ですか?それは実際には概念や概念ではありません。考えられることではありません。それは「メタ概念」(「メタ現象」に似ている)または「メタ現象」です。これは、クオリアについて話すときの重要なポイントです。

メタオブジェクトはクオリアなので、クオリアクオリアクオリアであることを理解する必要があります。オブジェクトです。しかし、それは概念ではありません。コンセプトとは何ですか?考えられることではありません。そして、「考えられること」とは何ですか?私たちが「考える」ことができるものではありません。それは本当に精神的な構成ではありません。それは「構築」できるものです。

したがって、メタオブジェクトの議論全体は、それが精神構造ではないということであり、実際に存在するものについて考えるために「構築」できるものです。それを「構築」できます。それは本当に概念ではありません。それは構造です。そして、メタオブジェクトに関する重要なポイントは、存在するものについて考えるために、このことを「構築」できるということです。そもそも存在するものではありません。だから、議論は「私たちはそれについて考えることができる、それは本物ではない」ではありません。それは「私たちはそれについて考えることができる、それは本物ではない」です。他のことについて考えることができる構造です。そして重要なことは、存在するものについて考えることができるように構築できることです。存在するものについて考えることができるように、このことを構築することができます。それが「私が考えることを可能にするためにそれを構築することができる」ということは本当に議論です。存在するものについて考えることができる構造です。 「ゼロから作成できる」とは、「ゼロから作成できる」というのは、「ゼロから作成できる」という概念のゼロからの作成ということです。そして、それは私が議論が約あると思うものです。それは本当に「私はそれについて考えることができる」ではなく、「存在するものについて考えるためにそれを構築できる」ことだと思います。コンストラクトのアイデアは、ゼロから何かを構築して、存在するものについて考えることができるようにすることです。そして、存在するものについて考えることができるように構築することができます。それが、これが「本当の議論」ではなく、メタ引数だと思う理由です。本当に存在するものについて考えることができるオブジェクトを構築することです。したがって、実際の引数は「ゼロから構築できるものは、存在するものについて考えることを可能にします」です。


「作成する」という考え方は、実際の議論の目的です。 「ゼロから作成する」が実際の引数です。そして、私たちが作成しようとしているポイントは、ゼロから作成して、作成できるようにすることです。そして、存在するものについて考えることを可能にするゼロから構築できるこのことは、ある意味で「私はそれについて考えることができる」ではありません。それが「私がそれを可能にするゼロから構築できる」ということは、「私は考えることができる」ではなく「私は作ることができる」ということです。したがって、「作成する」という考え方は、実際には「作成できるゼロから作成する」という意味にすぎません。


だから私は重要なことは「私はゼロから何かを構築できる」という考えだと思います。これにより、存在するものについて考えることができます。ある意味で「考えられる」ということではありません。何かが存在することを可能にするオブジェクトを構築できるということです。それが「ゼロから構築できるので、構築できる」という考え方です。それが本当なら、私は本当に知ることができます

神はサイコロを振るか?

Does God roll a dice?

God rolls a die. God knows everything. God loves you. God doesn't roll dice and the universe is perfect, just like that. It's really just a lot of things in God's head at once.

以下ry

神はサイコロを転がしますか?

神はダイスを振る。 神はすべてを知っています。 神は貴方を愛しています。 神はサイコロを振らず、そのように宇宙は完璧です。 それは本当に神の頭の中にあるたくさんのものです。

スポンサーリンク
[注意]未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は適量を。妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。当サイトのレビューはあくまで個人の感想です。またスピリチュアル関係の記事には精神的危険性があるため注意してお読みください。[免責事項]当サイトのご利用により、ご利用者に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当サイトブログ管理人は一切責任を負いません。 [プライバシーポリシー] 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。[連絡先]higajoukun@yahoo.co.jp