芋焼酎 厳撰 黒猿を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190323202241j:plain:w300

芋焼酎 厳選 黒猿を飲んでみた。

黒麹使用で木樽蒸留焼酎の高級焼酎である。
恐らく黄金千貫使用の甕貯蔵である。もはやこの時点で言うことなしだろう。
香りは酔っ払いそうな香りと黒麹系の奥深い香りがして良い感じである。仄かに狼煙(焼酎)のような香りまでする。
味は甘みよりで日本酒の白鷹を思い浮かばせるような上品な香りがしてスッキリとしたのみ口だが奥深さがかなりあり味わえば濃厚な味である。
のどごしにざらつきも少しあり味わい深い。
奥深さは新品の状態でこれならかなりある方だと思う。かなり寝かせたような味である。それでいて良質でダルさを感じさせない。
どちらかというとまろやかでキレはそんなにない。多少とろみがある。
辛さによるのどごしが良く全体を引き締めている。
後味には辛さと苦味が残る。
甘さに関してはそれほど気にならないが少しでも気になるようならオススメできない。
やはりこの上品な香りと奥深さが特徴的でありウリだと思う。
約3千円の高級焼酎であり寝かさなくても味が既に出来上がっている所が他とは違うところだろう。
他の焼酎と比較するとかなり違いがわかる。黒猿は濃厚であり他の焼酎があっさりしているように感じることだろう。他の焼酎には戻れなくなるので注意。
焼酎サーバーで1日寝かせてみたがいまいち引き締まりがなく新鮮さがない。寝かせた方はまろやかで味わい深いが、刺激的でイキイキとしているのは寝かせていない方であった。
2日目は香りがかなり香りが白鷹に近くなりバランスが取れていて良い感じである。変な癖もない。寝かせないで飲むより断然美味い。オススメだ。
だが3日目からは甘すぎてだるい。
パッケージデザインは重厚感と高級感がありシックで渋くて良い感じだ。開封した時の高級感は半端ない。流石約3千円の焼酎である。
コスパはまあまあある方だがやはり高い。贈り物としては良い。
比較すれば良質濃厚なのがわかるのだが比較しなければ普通な焼酎のようにも感じる。
熱燗にするとアルコールの香りが強くなった。意外にも日本酒っぽさはない。
飲んでみるとやはり白鷹っぽい香りがあり良い感じである。
味もまあまあ安定しているのでこれはこれでありだ。
日本酒っぽい焼酎は癖が強く個人的には不味いのだがこの黒猿はうまくバランスが取れている。恐らく強い辛さのおかげだろう。
だが日本酒っぽい焼酎にトラウマがあるようなら止めておいたほうが良いだろう。らんぷに近い味である。
ちなみに水割りとか薄めて飲むと芋の趣が強くなり癖が強くなった。まあ芋が好きならアリだろう。

小正醸造 黒猿 [ 焼酎 25度 鹿児島県 720ml ]