超特選 白鷹(はくたか)を飲んでみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20190102194946j:plain:w300

吟醸純米 超特撰 白鷹(はくたか)を飲んでみた。

神社で御神酒として使われている白鷹である。
香りはそれほど強くはないが日本酒の上品な香りと酔っ払いそうなアルコールの香りがする。
味は甘く口の中に甘さが広がる。フルーティー感はそんなに強くはないが一応あり旨味になっている。そして後から苦味がやってくる。
辛さは普通か少し控えめぐらいで飲みやすい。辛さが全体を引き締めている。
飲んでいるうちに甘さに慣れたのか苦味と辛さが強い日本酒に感じられるようになってきて美味くなってきた。
後味には辛さが残る。
結構辛さが全体を引き締めているので激しい感じである。
熱燗にすると香りが強くなり濃厚になり酸味が強くなった。
コクがあるのでこれはこれでありだが香りが上品ではなくなった。
まあまあ美味い日本酒である。
神社で飲んだ白鷹特有の地味で上品な神聖な香りは一応感じられるがそんなに強くはない。ビンだからか超特選だからだろうか気のせいだろうか。菰樽と味が少し違う。
まあ味が濃く美味いので問題はない。