麦焼酎 博多の華 5年 プレミアムを飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181228221426j:plain:w300

麦焼酎 博多の華 35度 5年貯蔵 Premiumを飲んでみた。

樽で5年熟成させた度数の高い博多の華である。
香りはあまりしないが長期貯蔵系の香りと博多の華原酒と同じ香りだ。
味はコクが強くかなり美味い。博多の華原酒と同じ感じの味である。
まろやかでとろみがあり、力強い苦味と甘みによる強いコクが最高である。
香りも癖がなく飲みやすい。5年熟成だがそんなに樽とかバニラ系の香りは強くない(最近長期貯蔵系を飲んでいないので適当)
博多の華原酒は度数が44度と高く同じ500mlである。
飲み比べてみると原酒のほうが度数が高いためコクは強く甘みが強い。ざらつきもあり味わい深い。そして樽の香りはしない。
博多の華5年は逆に苦味が強くまろやかで樽の香りがあり度数は35度と低いため大人しい。博多の華原酒は激しく口の中にコクが広がる。
個人的には博多の華原酒の方が好みである。だが博多の華5年の苦味の強さは味わい深く美味い。
原酒も苦味は強いのだが甘みも同時に強いので混ざり合って苦味が強く感じられないのだ。甘みの方が強い。
44度を飲んだ後に35度を飲むとかなり薄く感じるが、最初に35度を飲めば薄くなく強く感じられるので44度抜きなら5年の方が美味いと言える。
樽の香りも癖がなく良い感じである。
コスパは良いほうだろう。
熱燗にすると香りが強くなり長期貯蔵系焼酎の香りが強く感じられる。ブルーチーズ系ではないので安心して良い。
味は辛さが強くなり甘さが強くなった。原酒ほどコクはないが苦味の強い焼酎から甘い焼酎に変化した。
個人的には苦味の強い常温が好みだ。
ただ欠点としては仄かに癖のある香りというか味がする事だろう。好きな人には問題ない。
パッケージデザインは金色でかなり高級感がありボトルは化粧品のような輝きを放っている。
ちなみに箱のパッケージの裏にはメッセージを書ける所があるのでプレゼントにも良いだろう。
残念ながらボトルの口の造りは悪く垂れる。