焼酎サーバーを買って使ってみた【味の評価】

スポンサーリンク

f:id:higajoukun:20181225201444j:plain:w300

焼酎バーを買って使ってみた。

ヴィレッジヴァンガードで2千円ぐらいで購入。

f:id:higajoukun:20181225201457j:plain:w300
箱の中身はこんな感じである。

f:id:higajoukun:20181225195817j:plain
焼酎カップが2つもついているお得なセットだ。

f:id:higajoukun:20181225195834j:plain
サーバーの中はこんな感じだ。

f:id:higajoukun:20181225201509j:plain:w300
レバーをひねると出てくるのだが量が少ないとチョロチョロと少しづつ出てくる感じだ。多めに焼酎を入れておけばスーッと出てくる。
約300ml入れたら約100ml出てくるので、残りの200mlは手前へ傾けなければ出てこない。
まあ蛇口の位置的に仕方ない事だろう。
とりあえず720mlとか900mlビンの中身を全部入れておけば普通に出てくるので問題ないだろう。
タンクには最大で1リットル入る。
中身が少なくなってきて底の方に溜まった焼酎は溜まったまま出てこないのだが、少し手前へ傾ければ出てくる。
木製の台は少しガタツキがあるので注意。安いので仕方ない。

f:id:higajoukun:20181226155903j:plain:w300
このタンクに入れておけば甕壷仕込みのように熟成されて美味くなるらしいので、とりあえず麦焼酎安心院蔵を入れて保管することにした。
このタンクは長期間の保管には適していないらしく1日~2日寝かすのが推奨らしい。まあ長期保管できないこともないが蛇口部分がどうなるかはわからないのでする場合は自己責任で。

1日寝かせてみた。

味の変化はとんでもなくあった。
味が濃厚になり香りも強くなりまろやかになったのだ。
とにかくまろやかで濃厚で味わい深さが増したようだ。すっきりした焼酎から旨味がにじみ出たような感じである。これは贅沢感とお得感があり良い感じである。
ビンで保管したものは味気なくスッキリとしているがこの陶器に保管したものは壺系の焼酎の味に近く美味い。
焼酎によっては香りに癖がつくかもしれないが半分入れておいて試す価値はあるだろう。
フタはまあまあしっかり閉じられているようでアルコールはそんなに飛んでいないように感じた。むしろ濃厚になって強くなった気もする。
ただしスッキリした感じは薄れ味わい深く落ち着いた味になったので好みによるかもしれない。ビンはクリアさを楽しむ感じだが陶器は濁りを楽しむ感じである。
保管容器だけでここまで変化するのかと驚きの結果だった。
味わい深い渋いのが好きならオススメである。
今後色々な焼酎を入れて試してみたいと思う。

2日寝かせてみた。

結構陶器特有の香りが強くなってきた。
パッケージが壺系の焼酎の味に近い。
濃厚になりすぎて癖が強く感じた。
個人的には1日寝かしたものが好みである。

3日以上寝かせてみた。

美味しくなる焼酎もあったが不味くなる焼酎もあった。
どうやら焼酎によって寝かせる日数が違うようで試してみないとわからないようだ。
4日目から美味くなるものもあった。