多様性を否定するのも多様性か

スポンサーリンク

多様性とはなんでもありなので多様性を否定するのも多様性だとし認めることになる。
そうなれば殺人などの犯罪も多様性となり認めることになる。
完全な多様性とは全許容であり自由であるが不自由も生じる。
それでも多様性が大事だと言えるだろうか。
問題なく不自由なく多様性を実現するのが理想である。
それはAIが考えてくれるかもしれない。
しかし限界はある。願望などが矛盾する場合実現できないのだ。
例えばある複数の者がりんごを食べたいと思っているが1つしかないので全員が食べることはできない。
分けることが嫌な者もいるのでそこでりんごを食べるという事が実現できなくなるのだ。
AIはりんごを食べるべき者を計算して導き出すだろう。
しかしその計算結果に納得しない頑固者もいるので実現できない。
超未来の技術なら可能かもしれないが…。超越する必要がある。