哲学的ゾンビで言われるクオリアは大切なのかどうか

スポンサーリンク

他人の感じそのものはやはりわからないものだ。
他人の神経を自分の脳や神経に繋いで他人のクオリアが感じられたらあるといえるのかは微妙だ。
感じを体験するのは結局自分の意識だからだ。
他人と近い感じ方を体験するのは可能だろう。
クオリアが科学的に構造が解明されたら哲学的ゾンビかどうかわかるんじゃないかと思う。
でもそれは構造を知っただけで体験はできないから確証が甘いが。
感じが大切なのかそれとも科学的な構造が大切なのか。
私はこの世界には全て構造がある構造体であると思っている。
意識やクオリアも構造の一部だと思っている。
哲学的ゾンビであってもなくても両方ただの機械的な構造体なのだ。
そこで疑問なのは、我々にとって又全てにとって大切なのは意識やクオリアなのかどうかだ。
おそらく自分の意志、つまり自由や快楽が大切なのだろう。
思考そのものもクオリアの一種だと思っているのでクオリアがあるかないかがやはり重要にされるのだ。
我々にとってはだが。