higajou cafe

いらっしゃいませ。

- higajou cafe -

哲学未解決問題や思考実験のまとめ【クオリア】【世界】

更新日19/5/6

未解決問題・思考実験

ここでは私の考えた思いついた哲学の未解決問題を書き記している。
解明した人はコメントしてほしい。
なお問題は定期的に追加している。

「非構造体や無とはどのようなものか」
「本当の現実の世界とは何か、意識を超越できるか」
「時間とは何か」
クオリアの構造」
「エネルギーを動かすものとは何か」
「矛盾する事は実現可能か」
「はじめての時間には戻れないのか」(ファーストタイム問題と名付けている)
「重ね合わせは存在するか、神はサイコロを振るか」
「無限とはどのような構造か」
「我々は知性や理性を超越できるか」
「万能や全能は存在するか」
「この世界・宇宙の方向性とはどのようなものか」
「精神と物理の2種類あるのは何故か」
「この世に全く同じものは存在するか」
「フレーム問題」
「思うとはどのような構造か、意識とはどのような構造か」
「全ての問題を解決する方法」
「美しくないものが全くないとした場合美しいと感じるか」
「無限の中に矛盾は含まれるか」
「この世界に絶対に証明できないものは存在する事ができるか」
「無のクオリアはあるか」
「無に種類はあるか」
「意識なしでクオリアは生じるか」
「進化に限界はあるか」
クオリアや意識を反転、逆転するとどうなるのか」
「全ての構造を決めるものとは結局なんなのか」
「無限の世界で完璧な証明は可能か」
「構造という概念や感覚を超越することはできるか」
「この世は感覚のみの世界なのか」
「なぜ気持ち良い事や快感や快楽や幸福が良いのか」
「自分が変わるべきか周りが変わるべきか」
「全てが問題ない道理に従うべきか自分の意思に従うべきか」
素粒子や0と1やこの世界を構成する最小単位は何で出来ていてどういう構造なのか」
「永久に不変のものは存在するか」
「絶対的、完璧なものはこの世に存在するか」
「有限を超越する無限化テクノロジーは存在するのか」
「幸せならどうであっても良いのか」
「この世に完全なる理解はあり得るのか」
「全ては正しいのか、否定はよくないのか」
「絶対的に正しい者は支配をして良いのか」
「記憶を変えたら時間は現実で流れ続けるのか、それとも別の世界へ行くのか、変える前の世界は変えた後どうなるのか」
「時間が止まっている場合構造体の構造は全て止まるのか」
「時間を超えたものはどういうものか」
「なにがおきるのかわからない構造とはどういうものか」
「人間が不幸より幸福が良いと決めつけてしまう事の現実的な真実は何か、それはあるのか」
クオリアブラックホールの影響を受けるか」
「この全世界が始まる前には何があったのか、全ては最初から存在していたのかどうか」
「どのようにしてこの世界を無から有にしたのか」
「様々な世界は存在するのか(多世界解釈)、それとも様々な世界があるように見えているだけなのか(独我論)」
「自由はなぜあるのか、選択は幻想なのか(決定論)、その幻想とは何であり何故あるのか」
「暗いとなぜ黒のクオリアを感じるのか、がなぜ黒なのか」
「○というクオリアはどういう意味があって○のクオリアなのか、クオリアそれぞれに特別な意味があるのかどうか」
虚数次元、無理数次元とはどのようなものか」
「この世にある全てを観測したら全てが重ね合わせじゃなくなるのか」
「矛盾も何もかも全てが起きる完全自由空間(ひがじょう空間)は存在するか」

以下Wikipediaへのリンク
Category:哲学の未解決問題 - Wikipedia
物理学の未解決問題 - Wikipedia
数学上の未解決問題 - Wikipedia

つぶやき

未だに謎なのが、確率50%重ね合わせ状態と、現実への意味付け現実とは何かと、なぜこの世界は構造体なのかということ

重ね合わせなのだが、自分の見方によって結果が変化するようなら、その見方になると決まる要因があって、その要因によって結果が決まっていると思うじゃあその要因ってなんだろうか精神に影響を与える要因なのだが、潜在意識や霊や何らかの生命体の介入とかかなそうでないなら自分の精神のみだ

この世には自分の精神だけが存在していて、観念によって全てが形成、現出していて、精神が物理も何もかもを生み出しているそんなわけないと思うんだけどなぁ

なぜこの世界は構造体なのかはもうどう考えてもわからない人間の精神では考えられない考えるという行為さえも超越している

この世界はクオリアで構成されていて、そのクオリアはなぜクオリアなのか仕組みを知る事は構造体である事を意味するどこまで行っても構造体を超えられない

我々は将来、知性や理性を超越できるのだろうか感じるという行為も結局は知るという行為だ"感じ"を"知る"知る知らない創る創らない以外に何か無いのか

知る(感じたり感じから理解したりする)知らない(感じたりしないでただ存在するだけ)創る(想像創造したり考えたりする)創らない(想像創造したりしないで考えたりしないでただ存在するだけ)

知るか知らないか創造するか創造しないかはこの世界の構造によって決まる或いは自分の創造によって決まるどちらかはわからないのだが自分の精神が創造しているとしても自分の精神がこの世界だとすればこの世界の構造次第になる

そこがなんかよくわからないんだよなぁ自分の世界は何故自分の世界としてあるのか世界はなぜ世界なんだ意味がわからない

非構造体は存在できるかという問題はまだまったくよくわからないまず構造がないのに動くのかという問題がある動かないものなんてないのと同じじゃないか構造体の中にあるものは全て構造があり存在できる構造体の中に構造のないものは存在できないできたとしても何らかの構造があって存在する

構造体と非構造体が完全に隔離されているとは思えない相互作用が起きると思う

別次元で存在しているとしたらどうだろうか完全に隔離されていると仮定するではその別次元にある非構造体とはどのようなものかどのようななんてないのかもしれない構造がないから説明できないからだ

非構造体は構造体に存在できないし構造もないので説明もできないというかこれも何もかも決めつけているような気がする矛盾とは実現可能なのかという問題もある決めつけて実現できないとしてるんじゃないだろうか物理的束縛はそもそも誰が決めつけているのだろうか現実は誰が生み出しているか

万能は存在するか

人間には意識がある。人間は猿から進化した。猿や他の動物達にも人間のような意識があるのではないか。それとも人間になってから会得したのだろうか。

無限とはどのような構造で無限なのだろうか。

我々人間が正しいかどうかを決めているのだがその判断は構造によって決まったものでありその構造は正しいのかどうか
我々人間が決めているだけでは本質にたどり着かない

時間の謎が解明しないはじめての過去には絶対に戻れない戻るという行為があるとはじめての時間にはならないからだ過去に戻れるタイムマシンでも無理だろうこれを個人的には分断問題と言っていたが名前を変えた方が良い気がする

ファーストタイム問題で良いかな

意識とか記憶とかこの世の全てを過去に戻したらはじめての時間に戻ったように見えるがメタ的には戻っていない全てなのにメタ認知できるのかというのは関係なしだ

意識を逆再生できるのだろうか認知を逆再生するってどんな感じだろうかクオリアも逆があるかもしれない反物質のように反クオリアがあるんじゃないか逆転クオリアは構造によって変わるということかな

スポンサーリンク
[注意]未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は適量を。当サイトのレビューはあくまで個人の感想です。またスピリチュアル関係の記事には精神的危険性があるため注意してお読みください。 [プライバシーポリシー] 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。[連絡先]higajoukun@yahoo.co.jp