higajou cafe

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。



スポンサーリンク

魔界への誘い 紫ラベル 綾紫を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181021194211j:plain:w300

芋焼酎 魔界への誘い 紫ラベル 綾紫を飲んでみた。

魔界への誘いの綾紫は二種類あるようで、黒ラベルと紫ラベルがある。
今回は限定品の紫ラベルである。
黒ラベルは以前飲んだのでこちらをどうぞ↓
higajoukun.hateblo.jp
紫ラベルが「魔界への誘い 綾紫」で黒ラベルが「綾紫 魔界への誘い」と書かれている。よくわからないが飲み比べもしてみる。
香りは濃厚で奥深く仄かにフルーティーな感じの香りである。
味は苦味が強く辛さもそれなりに強く美味い。甘さ控えめだ。そしてそれに合わせて酸味もそれなりに強い。
後味には辛さと苦味が残る。
キレは普通か少し控えめだ。辛さがあるのでキレはあるように感じる。
やはり綾紫はどの焼酎でも美味い。
苦くて辛い焼酎がすきならオススメである。
黒ラベルの綾紫は大人しくどっしりとしていてざらつきもあり渋く苦味が強い。辛さもそれなりにある。
確実なのは紫ラベルのほうがフルーティーで甘みがあり華やかである。そして軽快である。
両者パッケージデザイン通りの感じである。
一応味は違うようである。(黒ラベルは開栓後七ヶ月放置していたので熟成された可能性もある)
黒ラベルは以前飲んだときは渋すぎて好きになれなかったのだが、焼酎を色々飲んでいると渋い焼酎が好みになってきた。なので今は黒ラベルのほうが好みの味である。
でももしかしたら同じ味かもしれない。初心者にはほとんど同じに感じることだろう。
熱燗にするとフルーティーな香りが強くなった。
甘さも強くなり甘辛になった。常温がオススメである。
紅はるか 魔界への誘いと比べると、紅はるかは綾紫よりフルーティーで、綾紫は紅はるかより苦味が強い。
紅はるかは甘みが染み込むようにやってきて美味い甘みである。
甘味が苦手なら綾紫がオススメだ。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。