higajou cafe

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。



スポンサーリンク

薩摩 白波 明治の正中を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181018165752j:plain:w300

芋焼酎 薩摩 白波 明治の正中(しょうちゅう)を飲んでみた。

明治時代の焼酎を再現した焼酎である。黄麹を使用。
香りは爽やかでキレのありそうな香りがしている。
味は結構甘みがあり辛さが強くとろみがある。それでいて苦味よりの味である。というのも苦味を感じる時があったり甘みを感じる時があったりでどちらにも変化するようである。
基本的には甘い。少し熟成された地味で渋い香りもする。
キレはそれなりに良い方である。結構辛い。アテが欲しくなる味である。
とろみも合わさって地味で落ち着いた味だが辛さが力強く美味い。
結構濁ったような味で渋い焼酎である。泡盛っぽい雰囲気もある。
現代の焼酎とはやはり違う味である。まあこれしか明治までの焼酎は飲んでいないので実際なんとも言えないが。
熱燗にするとアルコールの香りが強くなり良い感じだ。
しかし少し妙な香りもする。これはシソのような香りだ。
味はまあ普通である。
ちなみにボトルの口の造りが悪く垂れる。
パッケージデザインはレトロで文字も右書きで良い感じだ。
ちなみにこの金具の付いたボトルは明治時代で使用されていたタイプのボトルらしい。
クリップトップボトルというらしい。機械栓とも言う。密閉性が高いらしい。
他にも江戸時代の焼酎を再現した蕃薯考という商品もあるらしい。
そちらもそのうち手に入れる予定だ。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。