higajou cafe

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。



スポンサーリンク

芋焼酎 もぐら 荒濾過を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181014190102j:plain:w300

さつま無双 芋焼酎 もぐら 荒濾過を飲んでみた。

香りは酔っ払いそうな芋焼酎の良い香りがしている。濃厚そうである。
味は意外に明るくすっきりしているが苦味と辛さが強く奥深く味わい深い。
あとからくる長引くコクと苦味が美味い。少しフルーティーな感じもある。
辛さが全体を引き締め程よい刺激を与えている。
甘さは控えめである。甘みはとろみとなっているようだ。
荒濾過だからかざらついた旨味があるような気もする。
後味はスッキリしている。
麦焼酎と比べると芋の趣が結構強い。
キレも良く料理によく合いそうな焼酎である。
コスパだが微妙なところである。2千円ぐらいするのだが個人的には奥深さが後もう少しといったところだった。
まあ他の千円台の焼酎と比べたら奥深さは結構ある方だと思う。
以前のんだ天魔の雫が結構苦くて辛く美味い。しかし天魔の雫は平面的でもぐらは広がりのある味わいがある。
香りとかフルーティー感はもぐらの方が上だと思う。もぐらの方が色々感じるものが多く濃厚で奥深い。
しかし好みによるかもしれない。
苦いのが好きならおすすめの焼酎である。
パッケージデザインは渋くて良い感じである。かなり荒い和紙を使用しているので迫力がある。
黒さそりのパッケージデザインも良いしこのメーカーのデザイナーは優秀だ。
熱燗にするとアルコールの香りというか焼酎らしい香りが強くなった。
辛さも強くなったがいまいち味わいが物足りなくなった。
常温がオススメである。

ネットでの購入はこちら↓

もぐら 荒濾過 芋焼酎 25度 1800ml

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。