higajou cafe ~コーヒーと焼酎の旅~

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。

スポンサーリンク



芋焼酎 天魔の雫を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20181012174551j:plain:w300

芋焼酎 天魔の雫を飲んでみた。

常圧黒麹の黄金千貫使用だそうだ。そして三種類の原酒をブレンドしているという。
香りは芋焼酎のフルーティーな香りと少し甘い香りがする。
味は甘みが強くフルーティーであるが苦味も強く全体が引き締まっている。
これは確かに黄金千貫の苦味だと思う。苦味が強く美味い。
後味には辛さが残る。
少し甘すぎる気もするが苦味が強いのと黒麹の重量感があり気にならなくそれなりに美味い。甘さと苦味が同じぐらいではないだろうか。
天使が悪魔に恋をしたというのがコンセプトらしい。恐らく甘みが天使で苦味と辛さが悪魔なのだろう。そして甘みとフルーティーな感じが恋だ。
個人的にはやはり少し甘すぎる気がする。アルコールが飛ぶ前に飲んだほうが良い。
黒霧島EXの方が芋の趣が強い。芋の趣が好きではないなら天魔の雫がおすすめである。
甘みを気にしなければかなりランクの高い焼酎である。
熱燗にするとフルーティーな香りが強くなり苦味と辛さがかなり強くなった。刺激的でオススメである。甘さは気にならなくなった。
ちなみにボトルの口の造りが悪いので垂れる。
あとキャップは珍しく厚めのプラスチックである。上面にザラザラした加工が施されているので重厚感に拘っているのだろう。
パッケージデザインが何故か西酒造 天使の誘惑とよく似ている。

ネットでの購入はこちら↓

天魔の雫 芋焼酎 25度 720ml

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。