higajou cafe ~コーヒーと焼酎の旅~

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。

スポンサーリンク



麦焼酎 高千穂 零を飲んでみた【味の評価】

f:id:higajoukun:20180809175932j:plain:w300

麦焼酎 高千穂(たかちほ) 零を飲んでみた。

香りは麦なのに芋のような香りがよくしている。奥深い感じもある。黒麹と全麹仕込みと常圧蒸留のおかげだろう。
ちなみに一応長期貯蔵酒である。
味は甘味がありすっきりしていて飲みやすく、それでいて奥深く味わい深い。しかし龍宝には負ける。
比較的まろやかである。
辛さはかなり控えめである。初心者でもストレートで飲めるレベルだと思う。
苦味は少し控えめであるが後味に少し残り余韻がある。
後味はすっきりしている。
バランスは良いと思うが辛さが本当に控えめなので刺激を求めている人にはお勧めできない。欠点は甘すぎることだ。
ただ控えめだが辛さは一応あり全体を引き締めているのでバランスは良い。これで十分な人には結構辛く美味いだろう。ただし甘い。
一刻者のほうが苦く感じる。しかし一刻者に高千穂のような奥深さはない。
落ち着いた味なのでまったりしたい時にオススメである。結構どっしりしている。
パッケージに騙されて過度な期待はしてはいけない。というかこのパッケージの良さはわかる人にしかわからないと思う。この状態で売られているのだがただの黒いラベルであり商品名がほとんど見えない。がシックな印象が高級感を出しているのだ。よくこのパッケージデザインでOKが出たもんだ。このデザイナーとは気が合いそうだ。瓶の色合いも微妙に緑で渋く良い感じだ。
零とは原点を意味しており全ての光を吸収する黒つまりゼロ(零)を選んだそうだ。
ちなみにフタは平べったい栓である。日本酒によくあるやつである。少し指を入れて上げて側面がギザギザになっているのでひねりながら開けると開けやすい。
封も頑丈でなぜここまでするのか謎である。世の中には店で開けて味見する爺でもいるのだろうか。
高級感の演出か味見のどちらかだろう。或いはスクリューキャップだと劣化するのだろうか。
熱燗にすると辛さが強くなったがあまり味の品質が良くない。変な癖が出てしまっている。
常温がオススメである。

ネットでの購入はこちら↓

高千穂 零 麦 1800ml [宮崎県]

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。