higajou cafe

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。



スポンサーリンク

dBpoweramp CD RipperでCDをハイレゾ化して音質比較してみた

f:id:higajoukun:20171201185801p:plain

dBpoweramp CD RipperでCDをハイレゾ化して音質比較してみた。

普通のCDをハイレゾ化してPCに取り込むことが出来るソフトdBpoweramp CD Ripperを試してみた。
今回は44KHz16bit、384KHz32bit-float、384KHz32bit、192KHz32bit-float、192KHz32bit、192KHz24bitを比較してみた。
使用したDACは192KHz24bitまで対応している。

44KHz16bit

スッキリしている。
一番クリアである。
ノイズがない。

384KHz32bit-float

はっきりくっきり聴こえる感じがする。
44KHz16bitより音に厚みがあってリアルである。
しかしノイジーである。

384KHz32bit

気迫を感じる。
リアルである。
192KHzより解像度が高い気がする。
ノイジー。

192KHz32bit-float

192KHz32bitより音が薄い。
ノイズでどんよりしている。

192KHz32bit

気迫を感じる。
リアルである。
クリアな音質である。
384KHz32bitよりノイジー。

192KHz24bit

スッキリしている。
すべての音が出ていてフラットな感じである。

結論

正直難しい差である。
あまり差はないと思うのだがよく聴いてみると差がある。
192KHz24bitが一番良く感じたのだがこれは44KHz16bitと比べるとどんよりしている。
やはり普通に44KHz16bitを聴いていたほうが良いかもしれない。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。