higajou cafe ~コーヒーと焼酎の旅~

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。

スポンサーリンク



お湯のかけ方でコーヒーの飲み比べしてみた

f:id:higajoukun:20171112094439j:plain

お湯のかけ方でコーヒーの飲み比べしてみた。

以前にもしたことがあるのだがもう一度やってみた。
使用したのは藤田珈琲 コーヒー屋さんの深煎りコーヒー
今回は10gペーパードリップで試した。蒸らしは30秒。

中心ににだけお湯を注いだ場合

雑味がなくすっきりとした味である。
コクも出ている。
しかし冷めてくると酸味が強く酸っぱくなってきた。

円を描くようにお湯を注いだ場合

雑味がありどんよりしている。
コクがない。
しかし冷めてくると落ち着いた味でまったりしている。
こちらは酸っぱくない。

まとめ

結局以前と同じで中心にだけ湯を注いだほうがおいしい。
特に外側にお湯をかけるのは止めたほうが良いようだ。
全体にお湯を注ぐと雑味が出てしまう。
ただしどちらで美味しくなるかはコーヒー豆によるので注意。
お湯の描け方は結構シビアなようで味が大きく変わりやすいようだ。
注意してお湯を注ぐべきだろう。
中心からどれくらいの範囲まで離れてお湯を注いでよいのかはまだわからない。
また検証する予定だ。


追記

中心から離れるほど酸味や雑味が多くなるようだ。
中心になるほどすっきりとした味わいになる。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクスとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。