higajou cafe ~コーヒーと焼酎の旅~

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。

スポンサーリンク



エネルギーと欲とは何かという哲学的問題

自著の哲学的エッセイ本から適当に抜粋


この世界はエネルギー体でそのエネルギーの一部を感じた動物は、それが正しいのか悪いのか善悪を判断するために思考する。
思考した結果理想が形成され、それを実現させるために行動に移そうとする。
その「理想を実現させるために行動に移そうとする」という部分を欲望と言うわけだ。
そしてエネルギーに何かを動かそうとする欲があると考えられる。

意識はなく機械的に動いているだけなのに欲があるといえるだろうか。
欲の境界線はどこにあるのか。
アンドロイドやAIが誕生した時、それは機械であり欲望はないと言えない。
どこかで境界線を引いて欲があるとしないといけなくなる。

エネルギーとは源である。では源とは何かというふうに、エネルギーとはなにかをわかっても、それを構成する新たなものがまた出てきて、それを構成するまた新たなものがでてくる。それを無限に繰り返すことになる。どこまで行っても何かはわからないかもしれない。

時間や空間という物質が動くにはエネルギーという物質が必要であり、
エネルギーによって空間は生じ時間は進み動き出す。
ではエネルギーと時間どちらが先だろうか。エネルギーがないと時間は動かないのならエネルギーが先である。
時間を形成させるにはエネルギーが必要なはずである。ある一瞬で時間という構造体が出現するとは考えられない。
一瞬で構造体が出現できる拡張された世界が実態であった場合や、空間や時間というものが実はエネルギーの一種であったとすると難しくなってくる。


欲の定義の境界線がおかしいが、そういう考え方をしてみるという思考実験の一種である。
AIやロボットの欲とはどこからどこまでなのか。
生命体の方向性を欲というのかもしれない。

そもそもエネルギーとは何なのか
そしてエネルギーを動かすものとは何なのか
そしてそれが生命体ならどんな欲なのか。
エネルギーは何かを動かすのだが、それが欲だとするとエネルギーに欲があると考えられる。
ということである。
アニミズムや物霊などの概念がある。
全ての粒子や物質が生命体ならエネルギーにも欲があるかもしれない
そもそもエネルギーの定義もおかしいかもしれない。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。