higajou cafe ~コーヒーと焼酎の旅~

コーヒー・お酒・哲学・オーディオ・デザイン・スピリチュアル・日常の出来事を取り上げるブログ。

スポンサーリンク



不変のものはあるかという哲学的問題

自著の哲学的エッセイ本から適当に抜粋


変動しない不変のものは存在するだろうか。全ての物質は振動したり変化している。
しかし見た目では変わりのないものは変動や変化していない不変のものと言える。実際デジタルのデータは変更しない限り変化しない。
これはつまり、実は変化しているが変化していないように見せているだけである。
この世界にまったく変動しないといえるものは存在するのだろうか。全ての物質は変動するがエネルギーを与えなければ変動することはない。つまりエネルギーを与えても変動しない物質は存在するかという問題になってくる。

物理法則などは変化しない。過去や事実も変わらないといえる。しかし物理法則はそういう構造になっているから変わらないのであり、構造を変えてしまえば物理法則も変わると言える。過去はタイムマシンで変えることが出来るかもしれないが、一番最初に経験した過去そのものは変わらない。事実とは過去や現在がそうであったという事実である。我々が人間であったという事実は変わらないのである。しかし人間には個体差がある。全て同じではない。しかし大体こういう構造の人間であるということは変わりない。
変わらないとしたものは実際変わらない。変わらないとした思想が脳内に存在している。単に観念したり決めることで変わったり変わらなかったりするのである。


静止している物体でも0.0000000000000000001mmとか細かくは動いていると思うわけだ。
エネルギー保存の法則とかもあってエネルギーがなくなって静止するなんてことはないんじゃないかと思うわけだ。(諸説あり)
しかしこれは物理学の物質に対しての事。
この世界は物質でできている。精神やクオリアも物質と捉えれば物質であり物理学で扱える。

観念的に、変わらないと精神が決めることで変わらなくなるのだが、
それは物理学的にどういう状態だろうか
精神世界と現実世界に関しての問題だ。
私は物理学を殆ど知らないので誰かわかったらコメントで教えて欲しい。
変わらない現実も構造を変えれば変わってくる。変えられる可能性があるという事だ。
外部から改変をしないで変えなければ変わらないのだろか
この世界は流動的で、外部と内部でどうしても相互作用が起きると考えられる。
完全に隔離された空間があるのかどうかという問題にもなる。

この世界の構造は不変か可変かどっちもなのか…。

運命は決まっているのかそれとも決まっていないのか
決まっているのが不変であり、決まっていないのが可変だ。
過去は変わらないが未来は変えられる。
しかしそう行動するとかそう動くとかは既に決まっていたとも言える。
過去の出来事がこうだから未来はこうなると説明できるのだ。

スポンサーリンク
プライバシーポリシー 当サイトでは、GoogleアドセンスとGoogleアナリティクス及びSearch ConsoleとAmazonアソシエイトとA8.netとDMMアフィリエイトと楽天アフィリエイトを利用しています。 Googleアドセンスではユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 Googleアナリティクスではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 本サイトをご利用中のウェブブラウザは、Google に特定の情報(アクセスしたページのウェブ アドレスや IP アドレスなど)を自動的に送信します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 本サイトを利用することでcookie使用の承諾を得たことになります。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 収集した情報はサイト利用状況の分析以外では使用しません。 Amazonアソシエイトでは商品の広告とリンクを表示してアフィリエイトをしています。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。